Welcome to Doctor Fuke’s Official Website

このサイトは、医師・ジャーナリストである富家孝の公式ウェブサイトです。
富家孝の活動を知っていただき、みなさんと一緒にいまの日本の「医療」を考えます。

PDF 印刷
作者 kojima   
2009年 1月 05日(月曜日) 17:40

 

          Dr.Fukeの「賢い健康学」講座

 

 健康は健康常識は、しばしば間違っていることが多いもの。ここでは、私なりの観点から2つの「お役立ち記事」をアップしています。

 

       1、メタボなんか気にするな!小太りでいこう 


 最近、気になるのが「メタボ」。言うまでもなくメタボリックシンドローム(metabolic syndrome、代謝症候群)の略ですが、医学的には、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を言います。

 2008年4月から始まった「特定健診制度」(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)は、別名「メタボ健診」。
 厚生労働省は、40歳から74歳までの中高年保険加入者を対象に、健康保険者に特定健診の実施を義務化し、メタボリックシンドローム該当者、または予備軍と判定されたものに対しては、特定保健指導を行うことが義務づけられました。

 現在、中年男性のうち半分がメタボないし、メタボ予備軍とされ、その数は、なん2000万人もいるとされます。
 
 2002年、日本肥満学会(JASSO)がつくった基準では、BMI 25 kg/m2以上、内臓脂肪面積 100 cm2以上 (男女無差別)、腹囲 男性 85 cm、女性 80cm以上を「肥満病」と定義しています。

 しかし、そんなにメタボが悪いのか? 人間は多少太っていた方がよほど健康です。

 

       2、あなたのいのちを救う「100の数字」 


 現代は、すべて数値で表される時代です。
 特に健康の話なると、数字が一人歩きして、あなたの行動を縛っていませんか? 「医療の常識」にだまされないために、健康にまつわる怪しい数字から切実な数字まで、賢い患者になるために知っておくべき100の数字をわかりやすく解説しました。

 

            *左のメニュー欄をクリックして、お読みください。

最終更新 2009年 9月 15日(火曜日) 14:33
 
Free template 'I, Gobot' by [ Anch ] Gorsk.net Studio. Please, don't remove this hidden copyleft!