Welcome to Doctor Fuke’s Official Website

このサイトは、医師・ジャーナリストである富家孝の公式ウェブサイトです。
富家孝の活動を知っていただき、みなさんと一緒にいまの日本の「医療」を考えます。

Doctor's Eye(私の視点・報告&医療ニュース)

 医師・ジャーナリストという私の視点を通して、最新の医療ニュースを伝えるとともに、自身の活動の報告をしています。

  【ご案内】ラ・クイリマ

    富家孝が医師の目線で医師の転職をサポートします。

     厚生労働省許可番号 13--305517

     ここから→http://www.la-kuilima.com

 

   【お願い】

     よくお問い合わせいただくのですが、医療法人社団富家会 富家病院(埼玉)、

     富家千葉病院は、富家孝とは関係がありません。お間違いないようにお願いいたします。 



21/01/03●コロナ禍で「在宅死」が増加。在宅死を選択するということとは?

 このテーマで、「経済界」2月号の連載「人生100年時代の養生訓」に書きました。以下、収録します。

 

コロナ禍で進む病院離れ。幸せな「在宅死」という選択は可能か?

  コロナ禍は高齢者の生活を直撃した。とくに、人生の後半を穏やかに過ごそう、そうして安らかに死んでいきたいという人々の生活を変えてしまった。多くの人は、病院が嫌いだ。だから、本当はいくら死期が近づいたと思っても自宅で過ごしたい、施設や病院で過ごしたくないと思っている。しかし、この思いは、現在の医療体制ではかなわない。それで、仕方なく、施設や病院に入っているのだ。 

 厚労省は「病院から在宅へ」を進めてきたが、在宅医不足、介護者不足で、これまでほとんど実現していない。それで仕方なく、2018年から制度変更して「介護医療院」を新設した。ここは、医療・介護・住居がセットになったもので、死を迎えるまでの「終のすみか」になり得る。ところが、制度はできても、まだまだまったく足りていない。

 その結果、いまでも多くの人が病院で死を迎えているのが実情だ。日本の「病院死」は、死全体の約8割に達している。これは、5割以下の欧米諸国に比べて圧倒的に多く、幸せな死に方とは言い難い。

 

 そんなところにコロナ禍がやってきたのである。「医療崩壊」になってしまうのは、当然だ。

 

 懇意にしている都内の拠点病院の院長はこう言う。

「コロナ禍になってから、患者さんの病院離れが進んでいます。一つは、コロナが怖いということ。通院はもとより、入院も減っています。感染したらたまらないというのです。もう一つは、入院してしまうと家族に会えなくなること。こういう方は、終末期患者さんに多く、家族と最期のときをいっしょに迎えられないのを嫌がるのです」

 さらに、病院側の事情もある。在宅患者の緊急入院の約4割が肺炎や尿路感染などの発熱性疾患である。こうした患者に対し、新型コロナ感染症の除外診断ができていなければ入院を拒否するところは多いのだ。

 

 このような“病院離れ”のせいか、在宅での看取り件数が大幅に増えている。在宅医や在宅専門診療所からは、「最近、本当に看取りが多くなりました」という声が聞こえてくる。これは、統計にも現れている。

 「病院死から在宅死」へ。なかなか進まなかったことが、コロナ禍で進むのは皮肉な結果だが、ここで、忘れてはならないことがある。それは、前記したように、在宅医療、在宅死の環境が日本では整っていないことだ。

 私の時代は、具合が悪くなったら、まず近所の医者に診てもらい、その医者が往診に来てくれて、自然にかかりつけ医になり看取りまでしてくれた。しかしいまは、自ら在宅医を確保し、訪問看護サービスを受けなければ、在宅死はできない。

 

 単縦な話、自宅で看取りをするには、三つのことをクリアしなければならない。一つ目は、同居する家族がいること。いうまでもなく、看取りの場には家族がいる必要がある。二つ目は、在宅医を確保し、24時間対応の訪問看護師のサービスを受けること。三つ目は、終末期治療にあたってどこまでするかを自身で決めるか、家族と話し合って決めておくこと。つまり、「生前意思」をはっきりさせておく必要がある。

 普通、自宅で死ぬことを「在宅死」と呼ぶが、厚労省の統計では、老人ホームなどでの死も「在宅死」としている。そして、それができるのは4人に1人。コロナ禍で、在宅死が増えたというのは、施設での死がほとんどと思われる。

 人生を自分の家で幸せに終えるためは、生前のよほどの努力が必要である。コロナ禍は、このことを私たちに教えてくれている。

 
20/12/10●米英でワクチン接種が始まる。日本はワクチンで完敗。

米英で、いよいよワクチン接種が始まった。英国ではアストラゼネカとファイザー。米国ではファイザーとモデルナの2種のワクチンによって、今後、全国民への接種を目指す。少なくとも人口の56割、よくて8割までいけば、集団免疫ができて、感染拡大は止まるだろう。

 

 現在、日本では、ワクチンに対して懐疑的な見方が強い。メディアも専門家も口をそろえて、「効果があるあかどうか未知数」と言っている。なにしろ、初めての「mRNA」(メッセンジャーRNA)ワクチンだから、評価しようがないのだ。しかし、たとえばモデルナは、最先端の遺伝子研究をもとにしたベンチャーで、アメリカ政府がワクチンは安全保障にかかわる戦略物質として、大金を投じている。 

 接種が始まれば、いずれ結果が出て、人々はこぞってワクチンを求めるだろう。

 

 それにしてもわが国は、ワクチン開発でボロ負けである。そもそも、開発しようという気概もなければ、政府の認識も甘すぎた。ワクチン開発に投じられた政府予算は600億円とされ、米国の20分の1という。

 政府はファイザー、モデルナ、アストラゼネカから供給を受けることで合意している発表しているが、いつ接種が始まるのか、まったくわからない。

  

 
20/11/20●時事通信社「内外情勢調査会」で講演

時事通信社「内外情勢調査会」の講演。秋田ビューホテルにて行いました。講演テーマは、「間違いだらけの医者選び」。

  

 
20/05/25●夕刊フジで、精神科医の吉竹弘行氏と緊急連載『コロナ禍が心を蝕む』を開始

コロナ禍は、新型コロナウイルス感染症ばかりではなく、人間の心も蝕んでいる。コロナ禍が起こってから、精神科を訪れる患者が増えたという。「自粛疲れ」「コロナうつ」という言葉もできた。

 そこで、精神科医の吉竹弘行氏(明稜クリニック院長)に私が実情を聞くというかたちで、夕刊フジで連載をすることに。第1回は、「コロナうつ患者」に関して、几帳面な人、頑張りすぎる人がなりやすいということを話してもらった。

  

 
20/05/23●緊急事態宣言が解除で思う。なぜ、日本はコロナ被害が少なくすんだのか?

新型コロナウイルス の感染拡大が起こってから、世の中はすっかり変わってしまった。医療従事者の1人として思うことは山ほどあるが、専門外なので、ほとんど発言を控えてきた。また、仕事のかたちも以前とはまったく変わってしまった。

 そして、2カ月あまり、47日に出された「緊急事態宣言」が、ようやく解除の運びになった。そこで、思うのが、すでに欧米メディアも疑問を呈しているが、なぜ、日本は欧米諸国に比べて、コロナの被害がここまで少なくすんだのかということだ。

 人口100万人当たりの死者数を見ると、アメリカが300人ほど、イタリア、スペイン、フランス、イギリスなどの欧州諸国が500人を超えているのに、日本は6人である。二桁も差がある。

  Photo:NIAID 

 いったいなぜ、こんなことが起こるのか? 誰が見ても、日本のコロナ対策は後手、後手で、失敗続きである。それが、成功したと言われる台湾や韓国とほとんど変わらないレベルに抑えられているのだから、その理由を徹底して解明してもらいたいと思う。

 ウイルス変異説、BCGワクチン摂取説、マスク説、日本人の生活文化スタイル説など、諸説あるが、どれも一長一短がある。

 
20/02/25●読売新聞サイト「ヨミドク」にコラム連載して1年。死に関して想ったこと。

昨年の3月から、月に2本ペースで、「死」に関して想うことを、時事の話題にからめて書いて、ちょうど1年がたった。そこで、以下、時系列でコラムのタイトルを列記しておきたい。

 

https://yomidr.yomiuri.co.jp/column/fuke-takashi/

2020224

次々と“孤独死”する有名人……しかし、一人暮らしだから孤独というわけではない

2020213

野村克也さんを突然死させた「虚血性心不全」は防げる死だったのでは

2020127

救急車が来ても救命しないことも……本人の意思が優先される時代

20191230

1月の窒息死者数は1300人……主犯はお餅!?

20191223

小籔千豊さんのポスターが炎上した「人生会議」……「死に方会議」はなぜ必要か?

20191213

梅宮辰夫さんの死は覚悟の「がん死」なのに、なぜ、死因は「腎不全」?

20191121

「医師を呼んで!」と訴えた患者 放置され死亡…京大が犯した3つの「開いた口がふさがらない」重大ミス

20191118

冬の食事の摂り方が糖尿病を悪化させる

2019114

今年の冬は大流行の兆し! インフルエンザはなぜ撲滅できないのか?

20191014

なぜ膵臓がんは「最悪のがん」なのか?

2019923

台風による千葉の大規模停電で改めて思う。なぜ日本は「病院船」を造らないのか?

201999

センテナリアン(百寿者)は遺伝か?

2019826

がんで死ぬのは幸せか?

2019812

苦しまないで死ぬために必要なこと

201978

「心不全」「呼吸不全」、訃報欄にあるけど、本当の死因は?

2019624

AI(人工知能)が死因を判定する時代に!

2019610

生命(いのち)を救う最終手段 「臓器移植」はなぜ増えない?

2019527

「老衰」が増えることの意味、医師は自然な死を知らない

2019513

「理想の最期」を体現した樹木希林さん 30代で語った死生観とは

2019513

「理想の最期」を体現した樹木希林さん 30代で語った死生観とは

2019415

デスツーリズム(安楽死の旅)という選択~死はだれのものか

2019318

75歳過ぎてがんと言われたら~「闘う」より「受け入れる」という生き方

201934

70歳を過ぎて身近になった死

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

ページ 2 の 10
Free template 'I, Gobot' by [ Anch ] Gorsk.net Studio. Please, don't remove this hidden copyleft!